<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 決戦前夜 | main | 2005年12月3日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
J1最終節 新潟 ●0−4○ 浦和
こんばんは!
robinbinです。


何から書けばいいのかわからないんですが…

一つずつ書いていきます。



12月3日、robinbinは新潟スタジアムで
新潟−浦和を観てきました。


新潟へ向かう新幹線。

すごい数の浦和サポーター

さすがに優勝の可能性がある試合です。

地理的にも新幹線1本で行けますからね。
(ちなみに、チケット争奪戦もすさまじかったです…。)


新潟スタジアムに、KO2時間半前に到着。

新潟の冬特有の常になにかしら降っている天気

寒いです。

手袋持ってくればよかった…。



さて、試合に関しては書くべきことはあまりないです。

…と言うほどの浦和の完勝

新潟はアンデルソン・リマ選手のFKぐらいしか
得点の匂いがするシーンはなかったですね。



浦和はこの試合で完勝したものの、優勝は逃しました。

浦和サポーターの友人・知人と、話したりメールしたりしましたが

「最終節まで優勝の可能性があるとは思わなかった」


浦和としては、勝ち点を取れるところで
取りきれなかったツケが最後に回ってきたということでしょう。

これは、2位〜5位のチームすべてに当てはまると思います。


…いや、優勝したG大阪だって
もっと楽に優勝を決めるチャンスはたくさんありました。



対して、反町監督のリーグ戦ラストゲームを
残念な形で終わった新潟。

今日の内容だと、来年も残留が目標と言わざるを得ません。


でも、

ガンバ、ジェフだって13年かかっているんです。


下の世代が育つまでJ1に残り続けるという目標が
現実路線かもしれません。


今日は藤井選手、田中亜選手と若い選手を観ることができました。

来シーズンへ向けての大きな希望といえるでしょう。



浦和、新潟とも来年に向けて課題は多いですが、
その課題がクリアされれば…。

そう思わせる試合でもありました。
| サッカー | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:56 | - | - |









http://robinbin-blog.jugem.jp/trackback/66